レーザー/レーザー出力計・SLD・LED

EO機器・チラー・ソフトウエア

関連サイトリンク

  • 光学部品専用サイト
  • 計測器専用サイト
  • アウトレット専用サイト

HOME > 掃引波長可変半導体レーザとブロードスイッパ Superlum Diodes Ltd.

掃引波長可変半導体レーザとブロードスイッパ Superlum Diodes Ltd.

Superlum Superlum Diodes Ltd.  スーパーラム

掃引波長可変半導体レーザ と ブロードスイーパー


Broadsweepers  ブロードスイーパー シリーズ チューナブル半導体レーザー             


スイープからスイープの高速、精密波長チューニングと高い波長再現性
光コヒーレント トモグラフィー(フル フィールドOCT)、
バイオメディカル イメージング、干渉、分光、光ファイバー センシング、
光コンポーネント特性評価に応用されます。

ブロードスイーパーの光学方式は、外部光ファイバーリング共振器と広帯域半導体光増幅器(SOA)に基づいています。
SOAモジュールの広帯域バンド幅とファイバー間の高い利得によって
3mWの出力を50nm以上波長可変域を達成しています

波長チューニング技術は音響光学波長可変フィルター(AOTF)を使用して、
0.2nmから0.8nmの狹帯域パスバンドを作ります。

AOTFは波長安定化のために温度制御されます。レーザー共振器は機械的可動部がありません。
精度の高い波長再現性を持っています。AOTFのチューニング特性によって広いスペクトル範囲をチューニングします。


SOAやAOTFの他、光ファイバーカップラー、光アイソレーター、光パワーモニターも重要な要素です。
広帯域スペクトル応用のためにユニークな設計になっています。
AOTFで使用されるコリメートレンズは高品質非球面レンズを使用しています。

AOTFの効率のために無収差、充分にコリメーとしたレーザー光だけでなく、
最大の光ファイバー結合効率を得ています。

フィルターとオプティックスはモノリシック金属ハウジングにパッケージされ再調整が不要です。

外部共振器レーザーはパンダタイプ偏波保持(PM)ファイバーを使用しています。
時間と環境の変動に対してレーザーの偏光を安定化させます。
前面パネルのオプティカルポートは、超低自然放出(<-50dB)と
最小18dBの偏光消光比(PER)のオプティカル信号を出します。

ブロードスイーパーの心臓部
A-O チューナブル フィルター (AOTF)


偏光はファイバーのスロー軸に正確に端子に調整されています。

 

レーザーは、光学ベンチ上やラック内でのアプリケーションに適したコンパクトな金属ケースに収納されています。
装置は、単一メインフレームに、複数のプラグイン·モジュール
(電源、可変光モジュール、電流および温度駆動モジュール、中央処理装置など)を組み込んだモジュール設計です。
Superlum社製駆動電子機器は、すべての操作モードでレーザを正確で信頼性が高く、安全な制御を行います。
過渡的なサプレッション、過温度保護、オープン回路保護およびレーザー電流制限などの
すべての必要なレーザーダイオード保護対策が実装されています。
自動パワー制御モード用の超高速レーザー電流電源と組み合わせた光パワー制御ループは
指定されたすべての掃引速度でフラットトップ形のチューニング特性の動作を可能にします。


レーザーは、以下の動作モードが行えます:

フルチューニング範囲内の任意の単一波長でのCW動作。
動作波長は、フロントパネルまたはコンピューターから調整可能です。
コンピューター制御の下で、二つの異なる波長間の切り替えは典型的に100ミリ秒未満で行われます。
ユーザーは、50ピコメートルの分解能で全波長範囲内の任意の波長を選択することができます。

フルチューニング範囲または5nmよりも短くない希望の帯域にわたる(フルチューニング範囲内で)連続スイープ。
内部トリガおよび外部トリガの両方が利用可能です。


特定の繰り返し周波数で、フルチューニング範囲内の任意の2波長の連続的なスイッチング。
周波数の範囲は、工場出荷時の13設定値です。リクエストに応じて、繰り返し周波数のカスタム化が可能です。

内部トリガの場合、デバイスは同期パルスを生成します。
お使いの測定機器とレーザーを同期するために必要なBNC-コネクターはデバイスの背面パネルに配置されています。
外部トリガモードでは、デバイスは、入力TTL互換トリガ信号に応答します。

“ブロードスイーパー”は、3ミリワットの最大出力が供給されます。パワフルな出力が必要な用途には、
最大20ミリワットまでパワーアップする光パワーブースターを追加装備することができます。
レーザー出力は、ナローキー(2.0ミリメートル)とFC/ APCコネクター用の前面パネルの
高精度PM光ソケットを介して行われます。デバイスは、PM光パッチケーブルが付属しています。
SM光パッチケーブルもリクエストに応じて利用可能です。


リモートコントロール機能   RS232DTEポート

レーザーの安全


IEC 60825-1 Ed. 2 2007-03


オーダーメイドの標準モデル

スペクトル帯域と掃引速度に応じて、選択する製品のモデルがいくつかございます。
製品の標準バージョンについては下表を参照にしてください。
モデル チューニングレンジ(nm) 出力電力(mW) 掃引速度(nm / s) 線幅(nm)
765 - 815 nmのスペクトル範囲
BS-785-1 50 3 2 - 10,000 0.06
BS-785-1-HP * 50 20 2 - 10,000 0.06
BS-785-2 50 3 100〜100,000 0.12
BS-785-2-HP * 50 20 100〜100,000 0.12
805 - 880nmのスペクトル範囲
BS-840-1 75 3 2 - 10,000 0.06
BS-840-1-HP * 75 20 2 - 10,000 0.06
BS-840-2 75 3 100〜100,000 0.12
BS-840-2-HP * 75 20 100〜100,000 0.12
900 - 980nmのスペクトル範囲
BS-930-1 80 3 2 - 10,000 0.09
BS-930-1-HP * 80 20 2 - 10,000 0.09
BS-930-2 80 3 100〜100,000 0.15
BS-930-2-HP * 80 20 100〜100,000 0.15
- 1020 1090 nmのスペクトル範囲
BS-1060-1 70 3 2 - 10,000 0.09
BS-1060-1-HP * 70 20 2 - 10,000 0.09
BS-1060-2 70 3 100〜100,000 0.15
BS-1060-2-HP * 70 20 100〜100,000 0.15

※内部光パワーブースターを含む

一般仕様

電源要件: 110 VACまたは220 VAC、50 Hzまたは60 Hz
消費電力: 20W / 25W *
動作温度: + 15℃〜+ 30℃
保存温度: 0℃〜+ 40℃
外形寸法(W×H×D): 257× 170× 325mm / 362× 160× 326mm ×
重量: 9 kg / 12 kg *

※内部光パワーブースター搭載モデル

製品カスタマイズ機能

Superlum製品はカスタマイズサービスも行っております。製品の多くの動作特性
(出力パワーレベル、チューニング範囲の目標波長、掃引速度制限など)は、
お客様の要件を満たすように変更することができます。

技術文書

各モデルの詳細については、
Technical Product SpecificationをPDF形式
(410 KB)PDF(410 KB)ダウンロードしてください。
BS-XXX [X] -Y (68 KB)モデルおよび
パワーブースター
BS-XXX [X] -Y-HP (73 KB)
モデルの場合 PDF(68 KB)は、PDF形式の寸法図を参照してください。 PDF(73 KB)

波長405nmから1653nm。シングルモード ファイバーから良質のビームクオリティーの高出力レーザーを得ることができます。高安定、狭帯域、出力可変、2 MHzまでの変調が外部端子からできます。

PAGE TOP

Copyright © 2015 FIT Leadintex,Inc Co.,Ltd. All rights reserved.